2011年07月13日

今年も夏が来ます

毎日暑い日が続きますが皆様おかわりありませんか?

今朝、モデルルームの庭で『どんぐり』を見つけました。

せみ.jpg

梅の木にくっついていました。

また今年も蝉の大合唱が聞こえる季節が来ます。

毎年繰り返される小さな命のリング・・・、
地球温暖化にも、焼けるような暑さにも、この小さな命たちは臆することなく
その命をつないでいます。

自然が自然のままこの小さな命たちを守ってくれることを祈っています。

投稿者 家工房 : 15:07 | コメント (0)


 
 

2011年07月09日

梅雨明けしたとたん・・・

昨日東海地方が梅雨明けしました。

真夏のような暑さが続いたのに今年は蝉がなかないねー・・・、
とよく話が出ていましたが梅雨明け宣言が出たとたん今朝から蝉が・・・。
 
人間よりも自然の変化を察知して動きだす昆虫、
生命の力を感じます。
 
 
 
 
一方以前お伝えしたカブトムシの幼虫・・・、
みごとに成虫になり顔を見せてくれています。

カブトムシ.jpg

今朝、トネリコの木にとまって樹液をすっていたカブトムシ、
この日は4匹、前日に2匹とまっていました。

残念ながら全部メスでした、この先オスも姿を見せてくれるといいなあと思います。

育てていましたが成虫になってからは特に捕まえたりしていません、
ほしい方がいらっしゃいましたら朝早い時間にモデルルームで採取してください。

トネリコの木がお好きらしく入口左手の大きな木にとまっています、
御断りの御連絡など要りませんのでぜひお越しくださいね。

街の真ん中でも意識してほんの少し自然を増やすだけで、このように昆虫たちが
住める場所になります、小さな命がはぐくまれる場所は人間も住みやすい・・・、
そう思います。

投稿者 家工房 : 17:27 | コメント (0)


 
 

2011年06月29日

通学路・・・、子供を守ろう!

午前中から30℃を超え、真夏のような天気になりました、いかがお過ごしですか?

毎日節電だ、エコだとニュースで報道されていますが、ただエアコンの
温度を調整するだけでは根本的な解決にはなりません。

家は風通しを良くし、外側からヨシズやスダレで出来るだけ影をつくりましょう
身体はしめつけない服装を心がけ、汗をかいたら濡らしたタオルで拭きましょう。

 
 
 
今、モデルルームの東側に木が茂り街路樹と重なって日陰ができています、
学校帰りの子供たちやお買い物途中の方がその下で涼んでいました。

昔はこうした日陰がどこにでもあって涼む場所もたくさんありましたし、
木によってまわりの気温も下がっていました。
今はわずかに街路樹が残る程度で道はアスファルト、暑くならない方が
おかしいくらいです。
せめてお庭に木を植えて、自分の敷地以外にも影が提供できるようなお庭を
作ると少しはエコ?になるのかもしれません。

なにより一番暑い時間に道を歩く子供たちを熱中症から守ることはできるでしょう。
熱くなった建物の影よりも木陰の方が涼しい事は言うまでもありません。

こかげ.jpg
 
 
 
 
さてさて・・・、こちらはその涼しい木陰を作ってくれている木に居るタマムシ。
虹色に光る体をもった虫ですが知多半島の市街地で見る事はまずないでしょう、
その玉虫が去年の夏、この木の周りにたくさんいました。

まさか卵は産まないだろう…、と思っていたら、何と今年も同じ木の周りで
飛んでいる姿を発見しました。

写真は去年死んで落ちていたタマムシ(大きい方)と今年飛んでいたタマムシです。
今年でてきたものは去年のものより小さめです。
少し早い夏につられて大きくならないうちに羽化しちゃったかな?
 
たまむし.jpg
 
 
 
こんな街中でも山のような自然を取り戻す事ができます、
ひょっとしたらこんなことが節電やエコに繋がるのではないでしょうか?

モデルルームの周りは涼しい風が吹いています。

投稿者 家工房 : 12:50 | コメント (0)


 
 

2011年06月24日

苗をいただきました

トマトとプチトマトとナス・・・、それにゴーヤです。
 
 
数日前、お客様から御自身で種から育てられたという苗をいただきました。

モデルルームの入り口前に植えました。
残念ながら畑にできるスペースがないのでプランターですが・・・。
 
 
ナスは花が咲きました。
 
110624_114438.jpg
 
 
プチトマトです、すでに大きな実が鈴なりになっています。

110624_114547.jpg
 
 
ゴーヤです、ツリー状に育てようと思います、花が咲いています。

110624_114606.jpg
 
 
 
御日様とお水で実をつける野菜たち、大事に育てて御馳走になりたいと思います。
子供も喜んで毎日水やりをしています。

お客様、ありがとうございました、みんなで楽しんでいます。

投稿者 家工房 : 12:13 | コメント (0)


 
 

2010年07月21日

梅雨あけしました

梅雨明けした空・・・、さわやかです!!

家中の窓を開けはなして風を家の中にいれましょう。
 
 
 
 

山の木々の緑と空の青さのコントラストが素晴らしい景色です、
ある里山の風景に見えますが、ここは足助屋敷・・・、香嵐渓
にあります。

古民家がそのまま残されていて当時の生活が再現されています。

もちろんエアコンやはやりの遊びはありませんが、
忘れてしまった、本当は大切なものが発見できるかもしれません、
紅葉の時期になると大変込み合いますが、今ならまだ
ゆっくり見て回れるはずです、ぜひ、お出かけください。


DSCF0100.JPG

DSCF0101.JPG

足助屋敷の中にいるワンちゃん・・・、チビ太。
だいたい寝ています(^^)
DSCF0102.JPG
 
 
 
 
〖チーム 風 ブログ〗・・・がんばって更新中です、
山や自然に関する内容の記事はこちらに引越ししました、
ぜひ一度、のぞきにお越しください!!

投稿者 家工房 : 16:25 | コメント (0)


 
 

2010年06月18日

山のカエルが庭に・・・

北設楽の山に出かけたときにドブにいた小さなおたまじゃくしを連れて
帰ってきました、体長約1cm、頭の大きさは5mmほどでした。

100506_082308.JPG



 
二か月が経ち、体長3cmにまで成長したおたまじゃくしから足が出て
つい最近手が出ました。

そして今日の朝、しっぽがほぼなくなったおたまじゃくしが一匹・・・、
水中でおぼれかけていたので石を入れたところ・・・

100618_095640.JPG

すぐに石の上にやってきて・・・

100618_095702.JPG

そのうち頭を出して口で息をしていました。

100618_095720.JPG

しばらく見ていると・・・、ぴょん!!

100618_100010.JPG

縁側に降り立ち、そこから庭に向けぴょん、ぴょん・・・
旅立って行きました。

この様子を一部始終娘と一緒に見ていたのですが、
カエルの旅立ちを見るなんてこと、なかなかできるものではないよな~~~と
楽しい時間となりました。

私たちの周りにはきっといくつもこんな小さな生き物が一生懸命生きているでしょう、
成長の過程や必死で生きている様など、ぜひ、子供たちに見せたいと思います。

命がどれほど貴重で、はかないものなのか・・・、
知る機会を小さなおたまじゃくしからもらいました。

また明日から一匹づつ旅立っていくと思います、しばらくはお見送りを続けます。


投稿者 家工房 : 18:45 | コメント (0)


 
 

2009年08月14日

The Sense of Wonder

センス・オブ・ワンダー…、神秘さや不思議さに目を見はる感性のことを言います。

このことはレイチェル・カーソン著、センス・オブ・ワンダー(不思議さに驚嘆する感性)
という本の中で詳しく紹介されていますので、ぜひ、お読みください。

 
 
 
 
私なりの解釈です。

この仕事を始めて11年、いろいろな方との出会いの中で家を通してお話をすると
自然について同じような興味を持ち、同じような価値観で生き方を受け止めている、
子育てや将来について前向きに明るく取り組み、地球規模で物事を感じ、考える…、
といった方との出会いがたいへん多いことに気付きました。

中でも家工房の家に少なからず興味を持ってお話していただいた方の中では、割合が
極端に多く、それを如実に感じるので、最近その方々にじっくり『幼少期に育った環境』を
聞くことにしてみたのです。

 
 
 
…おじいちゃんの家が山にあり裏の山で遊んでた
 
 
 
…海の近くに住んでいて海水浴ばかりしてた
 
 
 
…昔、古い家に住んでいて縁側で昼寝をしてた
 
 
 
…両親が米や野菜を作って食べさせていた
 
 
 
…遊びは自然の中だった
 
 
 
…動物と一緒に育った
 
 
 
 
などなど…、現代では当たり前に手に入れられない、自然に包まれた環境で
ほとんどの方が幼少期を過ごしていらっしゃったのです。
 
 
 
この方々は大人になって自然の大切さに気づき、子供や家族を自然の中で育みたいと
考え、科学的に作られたものを良しとせず、自然の中であるがままに生きたいと思われ
行動に移していらっしゃいました。

 
 
 
『気づき考える力』は幼少期、自然の中にどのように接し、どのように感じたか、によって
のみ育まれるのだと思うのです。

 
 
 
現代において、自然の中に身を置くことすら難しい生活を強いられている子どもたち、
パソコンやゲーム、テレビなどが毎日を楽しくさせてくれたとしても『気づき考える力』は
少しも育まれないということを、私たち親の責任として知っておかなければなりません。
 
限られた地球環境の中で、いかに深い感性を子供に持たせることができるかを真剣に
考える時に来ているのではないかと思うのです。
 
 
  
この本の中で作者はこう言っています。

子どもたちがであう事実のひとつひとつが、やがて知識や知恵を生みだす種子だとしたら、
さまざまな情緒やゆたかな感受性は、この種子をはぐくむ肥沃な土壌です。
幼い子ども時代は、この土壌を耕すときです。美しいものを美しいと感じる感覚、
新しいものや未知なものにふれたときの感激、思いやり、憐れみ、賛嘆や愛情などの
さまざまな形の感情がひとたびよびさまされると、次はその対象となるものについて
もっとよく知りたいと思うようになります。そのようにして見つけだした知識は、
しっかりと身につきます。消化する能力がまだそなわっていない子どもに、
事実をうのみにさせるよりも、子どもが知りたがるような道を切りひらいてやることのほうが
どんなにたいせつであるかわかりません。

              センス・オブ・ワンダー(不思議さに驚嘆する感性)
              レイチェル・カーソン著/上遠恵子訳(新潮社刊)より抜粋

 
 
 
 
幼少期にどんな体験をしたかによって先の人生さえ変えていくとすれば、自然の中での
経験をできるだけたくさんさせてやるべきなのではないでしょうか、私たち大人は現代の
子供たちより早く生まれてきた分、自然はあちこちにありました、今はその自然すら大人の
勝手な事情でどんどん無くなっています、子供たちに対する責任を果たすとしたら、
金銭的に豊かな暮らしではなく、心豊かに暮らせるための土壌を幼少期に作ってあげる
ことが重要なのではないでしょうか…。
 
 
  
 
やっぱり自然の力は偉大でした。
 
 
 


投稿者 家工房 : 14:40 | コメント (0)


 
 

2009年06月23日

夏の恵み…いろいろ

今日も暑いです…
 
 
 
夏はすぐそこまで来てますね~
 
 
 
梅雨はまだ少しの間続くでしょうが、モデルルームの庭はもう夏のようです。
 
 
 
アケビです、秋にはきれいな紫色になります。
 
アケビ.JPG
 
 
 
プチトマトです、徐々に色づきひとつづつ食べられる実になってます。

トマト.JPG
 
 
 
朝顔です、早々と咲きはじめました、
この日は薄紫、今日は濃いピンクの花が咲きました。

朝顔JPG.JPG
 
 
 
季節ごとに花を咲かせたり、実をつけたり…、自然の営みはすばらしいです。

雑草も一緒に元気いっぱいですが、ぜひ、自然の営みを眺めにお越しください、

ブルーベリーの実もわずかですが結実しました。

投稿者 家工房 : 17:26 | コメント (0)


 
 

2009年03月19日

春の訪れ…

花粉症の皆様には辛いこの時期…、気温もグッと上がり、我が家の庭にも
春がやってきました。

あまりの天気のよさに、なんだかウキウキして、掃除して、洗濯して、庭に…
出てみたら…

庭の木々や草花たちの、まあ、綺麗なこと(^^)

思わず写真を撮りながら、しばらく狭い庭の散策…
 
 
 
子手毬の一種だと思うのですが、毎年かわいい小さな白い花を咲かせます。
風に揺れるさまは本当にかわいい…、これなんて名前の花なんでしょうね~…
新芽の薄緑の葉っぱも綺麗です、葉っぱも小さいのです。

kDCF_0001.JPG
 
 
 
椿…庭には、赤と白のミックスの椿と、この桃色と白の椿があります。
赤と白のミックスは二週間ほど遅れて咲きます、山茶花が終わり椿が咲き出すと
春が来たな~~…と思うのです。

kDCF_0003.JPG

kDCF_0004.JPG
 
 
 
そしてクリスマスローズ、小さな苗がここ数年で大きくなり、たくさんの花をつける
ようになりました、春に咲くのになんでクリスマスなんだろう??と毎年この時期に
思うのですが、わからずにいます。

kDCF_0005.JPG
 
 
 
この花たち以外にも庭一面にミントの新芽が芽吹き、踏むといい香りがします。

我が家の庭は、造って10年以上になりますが、肥料をあげた事がありません、
落葉樹が葉を落とし、やがて腐葉土になり、この庭の木々や草花を守っています。

それは森の営みと全く同じ…、小さな庭が出来上がるのです。

朝早くにいろいろな種類の小鳥が集まり、新芽や実を食べ、この小さな森の
恩恵を受け、その鳥たちが残した糞の中にある種がまたこの庭で育ちます。
 
 

    デザイン tori.jpg
 
 
こんな風にゆっくりと自然にできあがる小さな森の庭…、つくってみませんか?

なんにも無理なく、自然の力がつくってくれます(^^)

投稿者 家工房 : 18:14 | コメント (0)


 
 

2008年11月18日

火鉢…という暖房

10年以上前に手に入れた古い火鉢を、本来の使い方をしようと
ひっぱりだしました
インターネットでお知り合いになった【火鉢屋】さんに足りないものの
準備をお手伝いしてもらい、火を入れました。

【火鉢屋】さん → http://www.hibachiya.com/bio.html

この数日、火鉢にチカチカと炭が燃え台所が暖かです、暖房…と
いうには申し訳ない、次元を超えた有意義な時間をくれています。
 
 
 
火鉢1A.jpg
 
 
 
ほんの少し前の日本はエアコンとかファンヒーターなんて便利なものは
無く、こんな暖まり方をしてたんだなぁ…、と思うと、当時の人たちの
生活や人柄が今よりおだやかだたのがよく理解できます。

時間や日々の慌しさなどを完全に忘れ、火鉢を囲んで家族で
そんな話をしました。

昨日は火鉢の近くで、火鉢で火をくべた炭を使って炭焼きの焼肉を
しましたが、終わってみると2時間半が経っていて、ゆっくーりすすむ
我が家の時間を体感しました。

こんなふうに時間を過ごせたら、幸せです。

 
 
 
スローライフ…、もうすこし時計を逆さに進めようと思います(^^)


投稿者 家工房 : 19:01 | コメント (2)


 
 

2008年08月31日

ようやくお日様が顔をだしました(^^)

よくふりましたね…、被災地の皆様に心よりお見舞い申しあげます。

当社のお客様のお宅には直接被害はなかったようで安心してますが
台風や地震など、この先の災害についても何もおきませんようにと、
心から願っております。

防災の日が近づいております、今一度、家族で災害が起きたときの
集合場所や連絡方法、避難の方法など話し合ってみてください。

今すぐできること…
  *大きな家具は柱や梁などに固定しましょう
  *家の周りの飛びやすいもの、倒れやすいものを片付けましょう
  *2~3日分の水と食べ物をすぐ取り出せる場所に収納しましょう
  *お子様の通学路を一緒に歩いて危ないブロック塀や川べりなどの
    通過の仕方を話し合いましょう
  *災害時ダイアル等の使い方の確認をしましょう
  *家族が離ればなれになったときの集合場所の確認をしましょう

このほかにもそれぞれの家庭で気がついたことを話してみてください、
万が一の際、きっと役立つと思います。
  

  
            

投稿者 家工房 : 17:56 | コメント (0)


 
 

2008年07月15日

今年も蝉の声が聞こえました(^^)

デザイン.jpg
 
「ジ…ジジ…ジジジジ……」

まだ慣れないのか、たどたどしい泣き方ですが朝から蝉が
なきだしました(正確には鳴いてるわけではないですね…)

今年も、超音波か!?と思われるくらいの蝉の大合唱が聞こえる…
かと思うと、寝不足が心配な毎日です(^^)

またこのページでケヤキにはりつく無数の蝉の姿をお届けしようと
思っております!!

お楽しみに~~~~♪

ところで、蝉が7年の歳月を経て土から出てくるときの音…
聞いたことありますか?

初めて聞いたときは何の音かわかりませんでしたが、この数日
夜になるとガサガサ…ゴソゴソ…音がします。

自然界のサイクルはすばらしいなあ…と思い縁側でしばらく
聞いていますが、私たち人間が7年間、土の中にいたら、きっと
出るのを忘れてそのまま過ごしているでしょうねーーー(TT)

 
 
 
毎日暑い日が続きますが、お体大切にお過ごしください。
暑中…猛暑中、お見舞い申し上げます!!

投稿者 家工房 : 17:01 | コメント (0)


 
 

2008年06月14日

今年の台風…

毎年この季節になると、モデルルームや自宅の庭に脚長蜂が
巣を造っていたのですが、今年は途中まで造りかけて、どの巣も
造るのをやめてしまいました。

全く同じ時期に…
 
 
 
 
毎年このブログで「蜂が巣を南に造る年は大きな台風は来ない」と
ご紹介してきましたが、今年はそのお知らせを悪い方でしなくては
いけないようです。

台風デザイン.jpg

自然の力とはいえ毎年のように大当たりする『蜂の巣占い』…
今年は大きな台風が来そうです…、と予測せざるをえません。

どうか皆様、当たらなかったら幸いです、これから夏に向けて
台風対策をしてみてください。

  瓦のゆがみやいざりはないですか?
  サッシや建具のがたつきはありませんか?
  折れかかった庭木や揺れると家に当たる庭木はありませんか?
  風で飛びそうなものが家の周辺にありませんか?
  万が一停電などしたときの食料などの備蓄はありますか?

気になることが出てきましたら一度ご相談ください、
対策のお力添えをしたいと思います。

火災保険にご加入の方で、台風の風や雨による被害を補償してくれる
保険に入られている方は、今一度、保険証券のご確認をされるよう
お勧めいたします。
保険の種類により、保証の幅がちがいます、こんな機会にこそぜひ…
保険の内容でわからないことなどが出てきましたら、こちらもご相談ください。

自然の力はいい意味でも悪い意味でも偉大です。
先日も大きな地震がありましたが、本当に『備えあれば憂いなし』だと思います。

被害が最小限に収まる対策…何もない今だからこそ大切です!!
  
  
 
 
 
 

投稿者 家工房 : 13:50 | コメント (3)


 
 

2008年04月11日

毎年の春便りです!

たんぽぽ.JPG

タンポポ2JPG.JPG
 
 
庭のあちこちに咲き始めたタンポポ…他の草たちに負けないように
一生懸命くきを伸ばしはじめました。

昨日の雨でさらに元気になった花が
黄色のじゅうたんのようです。

しばらくは楽しませてくれるので、お近くにお越しの際は
雑草?だらけの庭を見に来てくださいね(^^)

投稿者 家工房 : 14:13 | コメント (0)


 
 

2008年03月17日

春本番~♪

…まではあと少しかかりそうですが、日に日に暖かくなってきました。

モデルルームの桜が早くも満開です!

08-03-17_14-56~00.jpg
 
 
この桜、彼岸桜というそうで、沖縄の方でよく見られるものらしいです。
少し濃い目のピンク色の下向きかげんの花がかわいいです。

お時間みつけてお花見?にお越しください!

毎年変わらず花をつけてくれる庭の木々たち…、
自然の力にまた癒される、ありがたさを感じた初春の一日でした。

投稿者 家工房 : 15:26 | コメント (0)


 
 

2008年02月03日

室内の温度

先日、モデルルームにて宿泊されたお客様がいらっしゃいました、
(夏には数組いらっしゃいましたが、冬の宿泊は始めての事でした)
そのときのお話です。

薪ストーブを7時過ぎには消しており、暖房が他には一切無い為
室内の温度がどれ程度下がるか心配していたのですが、10時に
お客様が到着されたときの室内の温度は16度…それから朝になるまで
ほとんど室温の低下はなく、暖かく過ごしていただきました。

薪ストーブが遠赤外線で室内を暖めているためと、土壁の断熱の力だと
思いますが、ちょっとうれしい驚きでした(^^)

真冬の室温が、暖房を消した状態で10℃~15℃を保てれば、
朝も起きるのがつらくないですし、何しろ風邪…ひかないですよね…。

土壁の断熱…少なくなった工法ですが、いろんな方向から見直したい
伝統の力です。

参照…家工房の理念(土)

投稿者 家工房 : 17:31 | コメント (0)


 
 

2007年07月17日

地震から一夜…

被災地の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

台風がそれて被害なく良かった、と一息ついたとたんの災害で
直接は被害のなかった私たちもニュースの映像をみて呆然としました。

被災地の近くに親戚や友人が住んでいます、無事を祈るだけで
何もできませんが、余震も油断できない状況との事、気をつけて
お過ごしください。

この地方も東海沖の地震がいつきてもおかしくない状況だと
ニュースで解説していました、どんなに人間の文明が発達しても
自然の猛威には太刀打ちできないんだ…と痛感します。

大切なお客様の財産を造らせて頂く私たちは、本当にそれを
肝にめいじてお仕事をさせていただかなくてはいけません。

これまではもちろん、これからも職人さんと力を合わせて、
よりいっそうがんばっていかなくては…と、思います。
 


私事ですが、もういい加減、緊急時の備蓄を始めなくちゃ…、
と、昨夜家族で話し合いました。
とりあえずは避難場所と家の中のどこが安全か…を確認しました。
 


皆さんのご家庭でもほんの少しの時間でかまわないと思うので
お子さんと話し合ってみてはいかがでしょう?


投稿者 家工房 : 10:40 | コメント (0)


 
 

2007年07月15日

台風一過…蒸し暑い日です

昨日、台風対策に走り回ってくださった大工さん、
本当にお疲れ様でした、ありがとうございました。

大事に至ることなく、台風が去ってくれてよかったです。


で、蜂の力は偉大…?

直撃!と大騒ぎしていた台風でしたが、私はひとり、蜂の巣が庭に
あったから大丈夫~~とのんきに構えていました。

夜は少し風と雨が強かったものの、やっぱりコースがそれ、夜中には
もう穏やかな雲行きに……。

ナマズの地震予知の能力に匹敵するのでは?と、勝手にワクワク
しているのですが、どうなんでしょ??

今年もこの蜂の巣、見守っていきたいと思います。

     でも雨戸のカモイに造ってくれたので、雨戸が閉められないのよね~(TT)


この時間、台風一過の青空が広がっていますが、なにしろ
蒸し暑い!!外は熱帯です。

しばらくは警戒が必要との事、皆様の家は異常ありませんか?
この台風で被害のあった地域の皆様、心よりお見舞い申し上げます。


この季節天候も体調も崩れがちです、気をつけてお過ごしください。

投稿者 家工房 : 13:49 | コメント (0)


 
 

2007年06月30日

またもや蜂の巣

去年もお知らせしましたが、今年もまた南の庭に脚長蜂が一生懸命、
巣を造っていました。

今日発見したのですが、昨年は作っていた巣が風でゆすられ、
落ちてしまったので、今年は絶対ゆれないカモイにしっかりと
固定してありました。

人間には、もはや、わからなくなった自然界の営みなのでしょうが
この小さな蜂やその他の生物たちのたくましい生命力を感じて
改めて人間の非力さを痛感しました。

昨年も書きましたが、今年もやっぱりこの知多半島には
大きな台風は来なさそうです。

………南や東に蜂が巣を造ったら、その年は大きな台風災害は
     無いそうです。また小さな生き物に教えてもらいました……


投稿者 家工房 : 18:08 | コメント (0)


 
 

2007年06月02日

6月になりました

さわやかな風が吹いています、この時期、ジトジトした日が多いですが
今日はお洗濯日和ですね~~(^^)

我が家も、昨日と今日、冬に御世話になった服を洗濯して片付けました。

モデルルームも自宅も窓を開け、蚊取り線香を焚いて、スダレ越しに
南からの風を入れています……、中はじっとしていると肌寒いくらい…
快適です。

今年の夏は暑くなりそう…らしいです、できるだけエアコンを使わずに
自然の風を楽しみたいですね~~~(もともと無いですけど…!!)


トンボ.JPG

カキ氷…うちわ…蚊取り線香…花火…、日本の夏がやってきます!

投稿者 家工房 : 16:22 | コメント (0)


 
 

2007年03月31日

春のお知らせ

・・・・・・・・・つくし~~♪

モデルルームの駐車場にひょっこっと頭を出しました。

tukushi.JPG

この写真のつくしだけでなく、ところどころポツポツとはえてます。

一緒にタンポポの群生(?)も両者雑草ながら春を知らせてくれています。

てんとう虫もいたりして庭に出るのが楽しい季節がやってきました。

子供さんを連れて遊びに来ませんか?お待ちいたしております。

投稿者 家工房 : 15:31 | コメント (0)


 
 

2007年02月12日

春がきた…のかな?

梅、開花。


haru1.JPG

桜、開花。

haru2.JPG


同じ日(本日)、初めての花が咲きました。

願うは、この先冬が戻ってきませんよう…。

二つ目、三つ目の花が今まさに咲こうとしてます。

投稿者 家工房 : 12:27 | コメント (3)


 
 

2007年01月30日

春ですか…???

モデルルームの庭の木々の芽が一斉にふくらんできました。

今にも梅や桜が咲きそうです。

まだ1月、去年はたしか、ものすごい寒い年で
モデルルームの室内にあった観葉植物でさえ
凍ってかれてしまったほどだったのに…。

このまま春になってくれたらうれしい…けど、これって
地球温暖化の副産物、だとしたら、あんまり喜んでいては
いけない気もします。

植物は気候にあわせて、そのすばらしい生命力で
生きていくのでしょうが、人間は寒いと暖房、暑いと冷房…
そんな生活しかできないようになってしまいました。

地球温暖化を食い止め、なお健康に植物と同じ生命力で
生き抜くために、そろそろ気候を人に合わせるのではなく
気候に合わせて生活していくべき時がきている…かな…、と

新しく芽吹きつつある桜をみて思いました。

この一週間、持病の腰痛で動くこともままならない日々でしたが
今日はこの陽気でちょっと動けたので庭に出てみました。

何はともあれ健康で過ごすことって大切ですね(TT)

投稿者 家工房 : 12:42 | コメント (0)


 
 

2006年11月04日

11月になりました

もう11月だというのに日中は半そででも過ごせるくらいあったかいです。

今年の冬は暖冬で雪も少ない…、と天気予報で耳にしますが、
どんな冬がくるのやら…???

そういえば、ずいぶん前に
【蜂は台風が来ることを見抜いて危険のないところを選んで巣を造る】
というお話をこのページでしたことがあるのですが、
やっぱり今年は大きな台風、この地方にはきませんでした。

でも台風は見抜けても秋の風はわからなかったらしく、二週間前の強風で
夏を無事すごした蜂の巣が落下していました。
木のまたでどうにか地面に落ちるのは免れたのですが、現在は
その落ちかけた巣を蜂が全員(?)で地面に落ちないように支えています。

大切な幼虫を寒さから守る手立てなのでしょう、頭が下がる思いで毎日、
がんばれよお……、と見守っております。

自然の力、再認識の秋です。

投稿者 家工房 : 11:19 | コメント (0)


 
 

2006年09月01日

すずめ来店

9月になりました…なったとたんに、これからの台風シーズンを予告するような
ものすごい雨が降りました。

台風、来ないといいなあ~~。現場が心配です・・・。

   余談  今年の夏、蜂が家の南の庭に巣を造っていたので、
        台風は来ないと思うのですが…。
        自然の力・・・なのですが、蜂が巣を造るところは安全なところ、
        自然の条件の下においても害が無いところ…なのです。
        台風が来る年は、南には決して巣を造らないのだそうです。
        実際、去年も造っていたのですが、台風は全部知多半島を避けて
        進んでいきました。
        自然の力は偉大です、人間は非力なのかもしれません。

昨日、薪ストーブの煙突にすずめが迷い込みました。
今朝になってストーブ屋さんに御願いして、薪ストーブの天板をはずしてもらったら、元気で
飛び立っていきました。
しばらくして、今度は、玄関からすずめが入ってきました。
これ薪ストーブに入ったすずめ…か、どうかは定かではないですが、「ありがとね…」…と
言いに戻ってきたような気がして、なんだかうれしくなりました。

9月の一日目の出来事でした。


投稿者 家工房 : 12:56 | コメント (4)


 
 

2006年08月26日

夏ですね~

ひまわり…

VFSH0006.JPG


自然の力は偉大です…。
この季節になると見事な花を咲かせる草花たち。

その花に癒される私たち。

自然のありがたさを感じた瞬間でした(^^)

投稿者 家工房 : 17:12 | コメント (2)


 
 

2006年06月24日

縁側

日記

かなり暑い日になりました、気温はぐんぐん上がっています。

でも縁側は気持ちいいです。

縁側.JPG


この空間のおかげで室内はさらに涼しくなるのです。

日本古来から受け継がれてきたものには、きっと
何か大切なメッセージがあるのだと思います。

子供たちも大好きな場所です。

投稿者 家工房 : 16:07 | コメント (0)


 
 

2006年06月17日

ジトジト…ジメジメ…

嫌~な季節になりました。すっきりしないお天気が、
しばらく続きそうですね。

でも、家工房の家はこの時期とっても快適です。

もちろん築7年の我が家には、いまだエアコンはありませんが
部活動を終え、帰宅した娘は…

「やっぱり家は涼しい~!!」…

これはやはり自然の力。
木と土が家の中の湿気を吸収し、庭の木々が木陰をつくり
南からの風が通り抜ける。

外出先から戻るとその違いがはっきりわかります。

もちろん洗濯物も一晩あれば、ほとんど乾いてきます、
嫌な匂いもしません。
床板もベトベトしません。

家工房の家にお住まいのお客様からも同じような意見が
届いています。

ぜひ、一度遊びに来てください。
この時期限定の快適さです(^^)

お施主様の体験記もお寄せください。
お待ちいたしております。


投稿者 家工房 : 15:22 | コメント (2)