« 新春餅つき会のご案内 | メイン | 家工房ブログが新しくなります »

2013年03月28日

現場より…

完成間近の現場に行ってきました。
この日は最終の仕上げの作業で多数の職人さんが仕事中でした。
 
 
 
『家工房』の家には天井がありません、
壁にはすき間がなく、土壁がそのまま家の中まで仕上がっています。

構造材がすべて見えていることで何か異常があればすぐに
お施主様の目にとまり発見しやすく、常に乾燥した状態を保てるため
『家工房』の家はこのような構造を標準にしています。

これがその部分、天井が無いので屋根組という構造材が丸見えです。

屋根組.jpg

住まう人にとっては素晴らしい構造ですが、職人さんには必ずしもそうでは
ありません、特に電気屋さん…、本来作業スペースになるべき場所がないのです。
通常、この天井裏に電気の配線を通すのですが、その部分が無いため
驚くような場所にすべての配線が施してあります。

これは居住空間からは見えない屋根組から見た梁の上です。

配線埋め込み.jpg

きれいに並べられた配線がびっしりと梁の上辺部を網目状に配列されています。

複数の配線を下から見上げても見えないように、わずか12cmの部分に
埋め込みながらすべての配線工事を行うのです。

配線あみめ.jpg

将来お施主様が屋根組のお掃除をしてくださる時、
この電気屋さんのひと手間を見ていただけたら嬉しいです!
 
 
 

『家工房』の家は土壁がそのまま家の壁になっている為、壁にもすき間がありません、
このすき間のない壁に配線をし、コンセントやスイッチなどを取り付けていくのです。

壁や天井裏に空間が無いのに配線がどこにも見えていない…、
実はこのことは職人さんの弛まぬ努力と責任感のなせる技なのです。




その電気屋さん ↓

開業以来『家工房』の電気配線作業は、すべてこの職人さん独りによって
整然と美しく、安全に行われています。

電気屋さん後ろ姿.jpg
  
 
 
 
 
この現場の工期も残すところあとわずかとなりました、
お施主様、長い間ありがとうございました、完成までのあとしばらく
よろしくお願いいたします。


ここでご紹介してまいりました、現場レポートや職人さんの紹介などは
新たに『株式会社 風』のトップページからご覧いただけるよう、
ただ今工事中です。
ページの完全移行が終わりましても、このページの記事はそのままご覧いただけ、
さらに新たな記事が新ページでご覧いただけるようになります。

【新しいブログの予告】  

  *半田市 I邸 建築日誌
  *知多市D邸 建築日誌
  *今日の職人さん ・・・など

どうぞお楽しみにーー!!
 

投稿者 家工房 : 2013年03月28日 18:29


コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)