« 完成しました! | メイン | 材木屋さんにいってきました »

2011年10月25日

長崎よりお客様

家工房で皆様にご紹介させていただいています『慈眼の塩』、
長崎の平戸の海でとれる天然のお塩です。

たいへんな手間暇をかけて作られています。
 
 
 
おしお.jpg
 
 
 
そのお塩の作り手の御夫婦がモデルルームを訪ねてくださいました。

comp3.jpg
 
 
 
 
しばらくの間、時間を忘れて自然への愛情と作り手としてのこだわりを
聞かせていただきました。
たいへん有意義な時間でした。

美味しいお塩をつくるため、人の手は頼らず、つきっきりで御夫婦だけで
作業をされるそうです。
こまめにあくを取りながら薪で焚きあげる…、
繊細で重労働な作業の繰り返しでこのお塩ができているのです。

このお塩を食べると元気になるとよく皆さんからお聞きしますが、
徹底的にこだわったものには作り手の愛情と元気が詰まっているから、
…なのかな…、と思いました。

一切の妥協を許さない、林さん御夫婦の深い情熱に私も力を
いただきました、やはり本当にいいものはこだわりがないと作れない、
家工房の家も同じです。
 
 
 
林さん、毎日お仕事でお忙しい中お立ち寄りいただき本当に
ありがとうございました。
林さんに負けないよう、また今日からがんばりたいと思います。
どうかこれからもお元気で美味しいお塩作り続けてください、
今度は九州へ私が会いに伺いたいと思います。

このこだわりと元気の源をぜひ見たい!…また楽しみができました。


投稿者 家工房 : 2011年10月25日 16:21


コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)