2011年03月27日

こんなことがありました

東北の大震災から二週間がたちました。

先週から中部地方でも影響がでており住宅設備、断熱材、合板などが
全く流通しない状態になっています。

どれだけ建てればきちんと被災者の皆さんにいきわたるのか、
見当がつかない状態で仮設住宅の建築が始まっているからです。

非常に広い範囲で災害が起きたこと、
想定外の強さの地震が起きたこと、
原発の影響で地元に居られないような状態になっていること・・・、
などが起因して今のような現状になっているのです。

『仮設住宅の建築が最優先』、これは当たり前のことです。

でも私たちは、今、目の前にあるこの現場を安全かつ無事にお客様へと
お引き渡しをしなくてはいけません。
緊急事態とわかっていても現場をうまく正常に動かせる術がなく
ただただお客様にお詫びをするしかありません。
 
 
 

そんな中、現場でこんなことがありました。
 
 
 
関係の職人さんから、『ひょっとしたらあるかもしれないから探してみた』
・・・と連絡をもらったのです。
どこからも流通がとまり、それが無ければお引き渡しができない設備でした。
結果として、一つあったそうなのですがうまく使えるものではなく
手に入れることはできませんでしたが・・・。

今回の事で、一人一人の職人さんたちがどのくらい現場のことを大切に考え
日々仕事をしてくださっているか、再確認したのです。

手には入らなかったけど、こうやって動いてくれていることが私にとって
ほんとうにありがたい事でした。

関係業者の皆さんが力や知恵をもちあい完成するのが家です。
自分の関係していることではないからといって他人事ではなく、
いい家をお施主様にお渡しできるよう、それぞれが力を尽くしてくれています。

これからも『家工房』に関係する職人さんたちはきっとこんな風に現場を
とらえてくれるんだろう・・・、と心から嬉しくなった出来事でした。
 
 
 
この現場のお引き渡しは4月の半ばです。

もしそれまでにこの足りない設備が入荷しなければどうするか・・・、
みんなで知恵を出し合いお客様にご迷惑をおかけしない状態をつくりたい、
そう思っています。

お客さまからも『こんなときだから・・・』とあたたかいお言葉もいただいています。
 
 
 
 
このページは現場レポートを紹介するページですが、
人と人とのありがたいつながりの中でおこったこの日の出来事を
どうしても紹介したかったので主題とは違いますが現場レポートと
させていただきました。

人の力は建築現場の非常事態を乗り越えることさえ可能にする・・・、
いいお施主様、いい仲間に巡り合えて本当に良かった・・・、そう思いました。
 
 
 
 
今しばらく混乱は続くと思われますが、なんとかいい状態で御引き渡しを・・・。

みんなの願いです。

投稿者 家工房 : 14:00 | コメント (0)


 
 

2011年03月16日

被災地の皆様へ、心よりお見舞い申し上げます

この度の「東北地方太平洋沖地震」におきまして
被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに
犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し
深くお悔やみを申し上げます。

また先日の東海地方での地震により被害にあわれた皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

 
 
 
知多半島はすでに桜が咲き、暖かな日が訪れています
何もなかったかのように日々が過ぎていきますが
私たちにできることは何か・・・、毎日考えたいと思います。

このページを見ていただいている『株式会社 風』の
お施主様・お客様、各関係業者の皆様、職人の皆様、
今一度、被災地の皆様に対し出来ることは無いか・・・、
いずれ来るであろうこの地方への災害に対し、
大切な方や御家族としっかり対策をしたか・・・、
考えてみてください。

自然の力は計り知れなく巨大ですが、
私たちはそれでもこの地球で生きていかなくてはいけません。
どうか、皆様がいつの日も笑っていられますよう、
この機会を大切にしてください。
 
 
 
 
個人的な救援物資やボランティアなどの受け付けは
現在なされていません、公的な機関の司る基金や物資の提供に
少しづつでも協力したいと思います。

一人一人の力は小さいですが
たくさん集まればきっと被災地の大きな力になるはず、
出来ることをさりげなく少しづつ・・・、ご協力をお願い申し上げます。
 
 

投稿者 家工房 : 18:58 | コメント (0)


 
 

2011年03月11日

株式会社ウッドビルドに会長さんを訪ねました

長野の須坂というところにこの会社があります。

会長さんの寺島さんという方にお会いしました、
この会社ができたときと同じ頃、株式会社 風 (当時 家工房)はできました。

寺島さんと私(立場が違いすぎて恐縮ですが・・・)、当時、同じことを考え
会社を立ち上げていました。

このことが大きな楽しみのもとになり、はるか340キロ先のこの会社まで
先方様にもお時間をとっていただき訪ねたのです。
 
 
 
 
わずかな時間でしたがお話を聞かせていただいて、今現在も、この寺島さんと
同じ考えのもとに家造りに携わっていることがわかり、本当に心強く、また
これまでこんな小さな会社を財産の担い手としてお選びいただいた、
60棟を超えるお施主様皆様に、胸を張って伝えることができる『家工房の家』の
素晴らしさを確信してまいりました。
 
 
 
 
さて、何が共通していたのでしょう?
 
 
 
 
それは・・・
 
 
 
 
皆様に私が今までお話していた重要な部分の家の性能がなにかということ
法律の家に関する様々な縛りが日本の建築を変えてしまったということです。

①呼吸しない家は様々な健康被害を産むということ
②家に呼吸させないと家の寿命は20年足らずだということ
③ビニールクロス張りの家は呼吸しないということ
④法律は決して住む人にとっていい家を決定するものではないということ
⑤この先も法律に立ち向かい、いい家を建て続けたいということ

なによりうれしかったのは、いただいた資料の最後が
『子供や孫たちのために・・・』と締めくくられていたことです。

私と同じ考えを持った方が建築の第一線で頑張っておられる、
12年間、訴え続けたことはやはり間違っていなかった・・・、
また今日から『次の世代へ、間違いない家造り』をしよう、
という思いで帰ってきました。

投稿者 家工房 : 13:33 | コメント (0)


 
 

2011年03月08日

ありがとうございました

午後からお伺いしたお施主様の御自宅でサクラソウをいただきました。

日にちを開け何度かおじゃましているおうちですが、このところ行くたび
だんだん大きくなっていっているのを見て満開の時期を楽しみにしていた
そのサクラソウです。

今日お伺いしたら、それは見事に玄関いっぱいにサクラソウが咲いていて
思わず見とれていたのです。

 
 
 
打ち合わせを終え、御挨拶をして外に出ると、
お施主様から「良かったら…」、と。

大きな鉢、いっぱいに咲いたサクラソウを2鉢、パンジーを3鉢いただきました。
うかがうと、種から大切に育てていらっしゃるとのこと。

これは大切にこの先も育てなくては…、とウキウキして帰ってきました。

戻ってさっそくモデルルームの庭に飾らせていただきました。
大切なお花をいただいて本当にありがとうございました。

110308_162422.JPG
 
見事です。

大切に大切に育てられ、いっぱいの花を咲かせた花、
育てられた方の愛情を感じ、なんだか幸せな気分で庭を眺めました。
 
 
庭の梅と桜。

110308_162439.JPG

110308_162500.JPG

 
 
春はいいですねーー、生命の力強さを感じます。

投稿者 家工房 : 19:31 | コメント (0)


 
 

2011年03月06日

新築のM邸におじゃましました

棚の打ち合わせにM邸におじゃましました。

やさしい日差しがさしこみ、穏やかな家のあちこちを
みせていただきました。

この家に引越しをされてから、体調が良くなり、家に帰るのが
とても楽しみになった・・・、とお話をしてくださいました。

造った側がこんなことを言うのはおかしな話かもしれませんが
本当にいい家です。
お話を聞いている私の方まで幸せな気持ちに浸りました。

もう少し引越しのお荷物が落ち着いたら、
『住まいの見学会』をさせていただけるお約束をいただきました。

毎日の生活がとても楽しく、健康的に過ごせる家です。

お施主様こだわりの素敵な雑貨も、
あちこちにさりげなく飾れたお花も、
お施主様らしさがひきたち、居心地の良い空間を造り出していました。

家は人を包み込む空気をつくりだすものです。
ゆっくりゆっくり時間をかけてお施主様自ら造り出した空間は
こんなに素晴らしい・・・、そんなことを感じることができた瞬間でした。

Mさま、お忙しい中、ありがとうございました、
いただいた無農薬のお野菜もさっそく今夜いただきます。

また楽しいお話をお聞かせください。
 
 
 
M邸の公開は春頃を予定させていただいいております。

投稿者 家工房 : 12:26 | コメント (0)


 
 

2011年03月04日

鉄棒ができました

110304_155246.JPG
 
 
『じいじのおか』に鉄棒ができました。

ブランコに続き、木の遊具第二弾です。

公園にあるような冷たい感触のない、やさしい雰囲気の遊具です。
 
 
 
外で遊ぶ機会が少なくなったとはいえ、
子供は外で冷たい風や夕日の美しさ、土の上を歩く心地よさなどを
自分の体で体感し、感性を磨いていく事が必要なのだと思うのです。

限られた時間の中で、より自然に近い空間を体感してもらいたい、
そんな庭造りをしています。

ぜひ、遊びに来てくださいね。

投稿者 家工房 : 17:09 | コメント (0)