« 現場レポート・・・建前が終わりました | メイン | 北設楽の山へ・・・丸太小屋づくり〖6月〗 »

2010年05月03日

北設楽の山へ・・・丸太小屋づくり

新聞で偶然見つけた小さな記事。

設楽の山で地域の方々と一緒に木を伐採してログハウスを造ろう、というものでした。

さっそく担当の竹内さんにお電話して参加の申し込み・・・、
その時に私たちの活動や山に対しての想いも聞いていただきました。

北設楽の山に対してはこれまで特別な思いで、伐採木の回収などを行ってきましたが
地域の方に直接想いを聞いていただいたのは初めてだったので、山との距離が
おおきく縮まったように思いました。
 
 
 
 
5月2日日曜日・・・、晴天。

早朝6時30分、自宅を出発、北設楽の山を目指します。
段戸山牧場から少し入ったところにその場所はありました。

地域の方々が集合場所で出迎えてくれました。

ほどなく参加のメンバーさんが集まったので開会のあいさつを区長さんから・・・。

P4020186.JPG

 
 
 
集合場所から歩いて5分ほどの山へ移動し実際に木の伐採をしました。

まずは地域の方のデモストレーション・・・。

 
 
たおす木にロープをくくりつけ、倒れる側に引っ張る準備をします。
一緒に邪魔になるところの枝うちをします。
 
P4020189.JPG
 
倒れる方の切り口をV型にきります。
まっすぐに一回、斜めに一回、頂点を見えないところで合わせるのは経験がないと
無理です、私たちはこの日までに他で練習しましたが、なかなかできません。

P4020191.JPG

切った後のV字の切り口が見えます。

P4020192.JPG

倒れていく反対側(V字の切り口歩反対側)に切り込みを入れ、楔を打ちます。

P4020193.JPG

P4020194.JPG

楔を入れた後さらに切り込みを深くし、ロープを引っ張ると木は倒れはじめます。

P4020195.JPG

こんなに至近距離で伐採を見たのは初めて・・・、倒れた瞬間は地響きがしました。

P4020196.JPG
 
 
 
 
伐採の見学をさせていただいた後、集合場所に戻りログハウスの建築にうつります、
メンバーの半数は山に残り伐採木の搬出をし、トラックに積み込みます。
 
 
 
基礎の工事。
図面無し、完成予想図無しの建築、目からうろこの工事です。

図面や法規に縛られた建築にはない、みんなで協力して一つのものを造るという
連帯感はこんな昔ながらの方法でないと生まれないのかもしれません。

ワクワク!!

P4020200.JPG

途中の休憩時間。
川の畔(あぜ)を散歩しました、つくしやわらびがたくさん生えていました。

P4020201.JPG

ほどなく山から切り出した丸太が建築現場に届けられ・・・

P4020202.JPG

丸太の皮むき・・・

P4020206.JPG

小さな子供たちも参加して、家の部材を作り上げるのです。
本来の建築にはあり得ない光景ですが、材料と造り手のこの距離感こそ
家に対しての愛着を生む唯一の方法なのかもしれません。

P4020208.JPG

またしても、目からうろこ・・・。

さっき切った杉の木の皮をむいただけの状態で建材として使います。
もちろん水分は残ったまま・・・、これでいいのだそうです。

楽しい!!!!

大人が20人以上かかって皮のむけた丸太を基礎の上まで運びます。

P4020210.JPG

運び込んだ後、墨つけをし、高さを調整・・・、基礎にはめ込む部分を造ります。

P4030211.JPG

ようやく土台になる部分が一か所完成したところで時間になりました。
 
 
 
3時半・・・、今日の作業はここまで。

地域の皆さんとの交流会です、自己紹介をしながら、地域の方々がこしらえてくれた
山菜汁をいただきました。

我が家の娘は3杯御馳走になりました、本当に美味しかった!!

P4030214.JPG
 
 
 
北設楽沖駒地域づくり会議の皆さん、
いろいろな御苦労の中、このような機会をつくっていただいたこと・・・、
心より感謝申し上げます、ほんとうにありがとうございました。

北設楽の山に、こんなにも近づけたことは、ほんとうに有意義でした。
これからの機会のなかで、山とも皆さんとももっと近い距離でいろいろな
お話がしていけたらと思います。

当たり前の自然があるがままにある環境を守っていく、私たちにできることを
もっと考え実行に移していきたいと思います。

次回お会いできる日を楽しみに・・・。
 
 
 
 
チーム風の皆さん・・・。

このすばらしい取り組みの一環で、

7月31日(土)・8月1日(日)の二日間、奥三河食彩フェスタが開催されます。
私たちの目指す、北設楽の山々を体感できるチャンスです。

このページで追って詳しい紹介をしていきます。
夏休みの御家族の楽しみにぜひ、ご予定ください。

スタッフとしての参加も受付していきます、詳細は鹿嶌まで・・・。


投稿者 家工房 : 2010年05月03日 20:07


コメント

丸太小屋づくりご参加ありがとうございました。
受け入れ側として、天気が良かったのが最高。
そして大人から小さい子供までが、自分のやるべき仕事があり積極的に動いてくれたのがよかったです。ベランダがあっちがいい、こっちがいいと設計図がないので皆勝手なこと行ってましたね。
最終的にどんなものができるのか?楽しみです。
丸太小屋造りPJでは、普段着の地域の人たちや自然と触れ合っていいもの見つけてください。
何通もお礼のメ-ルを参加者から頂きました。
子どもたちがすごく楽しんでくれた様子が伝わってきました。次回又お待ちしています。

投稿者 牛たろう : 2010年05月04日 20:15

牛たろうさん

コメントありがとうございました!

牛たろうさんとの出会いは、きっとこの先の人生の
大きな道しるべになると皆で話してます。

貴重な体験のきっかけをつくっていただいたこと、
快くよそ者を受け入れてくださったこと、
本当にありがとうございました。

これからもどうかよろしくお願いします。

ほんとうに最高の天気でしたねーーーーー♪

投稿者 家工房 : 2010年05月05日 13:32

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)