« モデルルームの瓦が一部変わりました | メイン | もうすぐ完成現場レポート第4回 »

2009年01月23日

新年の現場レポートです、今年も一年がんばります!

現場レポート…内部の工事に取りかかりました

現場も新年を迎え、いっそう引き締まった空気がながれています、
今年も皆様の大切な財産造りの担い手として、現場の職人さんと
一緒により良い家造りを進めて参ります、よろしくお願いします。

Y邸の内部の造作工事が始まっています、現在は外壁も貼れ
家の外観はほぼ出来上がりました。
 
 
20ty棟梁.JPG

二階の天井部分を見上げたところです、構造材が組まれ、力強く屋根を
守っています、この家全体を支える構造材はすべて見える構造で
住まわれる方に見守られながら、家族と一緒に年月を重ねていきます。

20tyガラス瓦.JPG

家の北側の屋根に配置された採光用のガラス瓦です、強化ガラス製で
雨漏りなどの心配も無くメンテナンスもいりません、何より太陽が沈むまで
照明がいらないほど部屋の中を明るくしてくれます。

20ty吹き抜け窓.JPG

吹き抜けの窓です、下に養生用の構造用合板がひいてありますが、
完成間際に撤去され、この部分はしたの土間から見渡せます、
薪ストーブの設置箇所でもあるので、心地よい空間になるでしょう。

20ty玄関.JPG

玄関です、和風の仕上げになりますが、この部分との絶妙なバランスで
お施主様らしい個性的な家になります。
 
 
 
 
20ty大工さんJPG.JPG

いつもがんばってくれている大工さん、細部の仕上げに余念がありません、
あらゆる木の材料が表に出る為、熟練の業が必要です、木と木が
合わさった内装は気持ちがいいくらい整然とし、心を落ち着かせます。

20ty大工さん2.JPG

現場で材料を作りながら仕上げていきます、家工房の家は材料のほとんどが
大工さんの手作りです、住む人にしかわからない、まるで包み込むような
感覚を感じるられるのは、大工さんの心意気によって作り出された木によって
温かみが家全体にあふれているからだと思います。

20ty左官屋さん.JPG

壁の仕上げをする左官屋さん、竹のコマイから荒壁、中塗り、仕上げの
珪藻土と、左官屋さんの仕事は家工房の家にとって、とても重要な部分を
担っています、この技術をもっている職人さんは時代とともに激減しており
貴重な存在です。垂直な壁に垂直に材料をつけていく…簡単そうで
難しい工事なのです。
 
 
 
次回はこだわりの外観…ご紹介します!

お楽しみに!!

投稿者 家工房 : 2009年01月23日 10:35


コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)