« 新レポート始まります!Y邸現場レポート第1号 | メイン | 大工さんの手作り家具 »

2008年10月17日

Y邸現場レポート第2号

この工程が、【湿式】という工法の要、《ヒノキ皮工事》と《こまい工事》です。

yヒノキ皮.JPG

屋根の表面にのっているのが《ヒノキの樹の皮》です、【家工房】の家の
屋根の断熱材は《土》です、その下にひくのが《ヒノキの皮》なのです。

通常、屋根からの熱の断熱は、当たり前のことですが、断熱材を使用します、
しかし、昔からの家造りにおいて断熱材は使われておりません、本当に
エアコンを使用しない家を造ろうとするなら、先人の家造りを参考に土葺きの
屋根を採用しなければならないのです。

【家工房】の家の屋根が湿式なのはこの為です。
 
 
 
この工事の後、土がのり、瓦がのります。
 
 
 
yえつろ.JPG

壁の中心に入っているのがこの《えつろ》という竹を組んだものです、この《えつろ》に
《荒壁》という土の壁をつけていきます。《えつろ》は壁の芯になるだけでなく、柱と柱
を結び、大変強度の高い壁を造る要となるのです。

この土の壁によって壁からの断熱を行う為断熱材は使用しません、しかし室内は
夏涼しく、冬暖かいのです。これも先人の知恵、ワインクーラーなども土でできており
一年中一定の温度を保つ力を持っています、土壁も同じ原理です。

【家工房】の家の断熱は壁も屋根も土で行います、お住まいのお施主様皆さんの
感想で『本当に涼しい~~、冬はあったかいし…』…、というお話が例外なく
聞けるのは、土の力が本物だからです。
 
 
 
屋根に土、壁にも土が施工されるといよいよ床の造作に移っていきます。


投稿者 家工房 : 2008年10月17日 17:02


コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)