« F邸におじゃまいたしました | メイン | 春本番~♪ »

2008年03月03日

G邸 現場レポート第二回

G邸の壁工事と屋根工事が始まりました。

現在、左官屋さんと屋根屋さんが工事を行っています。
 
 
【家工房の家】はどのお宅もこの『こまい』がはいっています。
竹を割ってわら縄で編みこんでいきます。
この『こまい』が芯にはいった壁は非常に強いと証明されており
通常の乾式工法の壁より耐震強度が高いとされます。

T邸こまい.JPG

 
その『わら縄』がこれです。
わらは壁の中にはいり、その強さを増します、ビニール紐より
強いとされ、こまいをこの縄で編んだ壁は、10cm以上の太いヌキと
あわせる事で、通常の湿式壁より耐震強度を上げることができます。

g邸なわ.JPG

 
 
屋根の上に瓦がのりました、これから土をのせながら瓦を一枚づつ
伏せていきます、この瓦は『いぶし瓦』といい、土をいぶしてつくる
強度の高いものです。
屋根は家の要…、長年にわたり家を守っていくために、この瓦を
選んで使用しています。

g邸屋根.JPG

 
『こまい』が完成すると中間検査です。

投稿者 家工房 : 2008年03月03日 15:31


コメント

「こまい」綺麗ですね。
一本一本細かく編み上げていき、芸術的な幾何学模様になっていて、このまま壁の中に隠れてしまうのがもったいないですね!
インテリアの一部として残すのもいいかも・・・?

この冬、一番冷え込む中、細かい手作業の「こまい」を作ってくれた左官屋さんお疲れ様でした。これからも宜しくお願いします。

投稿者 togawa : 2008年03月03日 23:49

togawaさん、コメントありがとうございました。

そうですね~、見えないところで家を支えてくれる大切な構造体ですが、
芸術ともいえるような仕上りですよね~!

実はもう、この状態で、南東の庭に吹き込む北風をさえぎっています、
お庭に立ってみてください、あったかいですよ(^^)

『土壁』で断熱…単純なお話ですが、この『こまい』も含めて
奥が深いです、昔の人はスゴイですよね~~!

左官屋さんはニコニコしながら、冬は厳しいなあ~…と言ってました。
でもひとりで黙々とこまいをあむ姿には、いつもながら
感心させられます。

投稿者 家工房 : 2008年03月04日 16:24

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)