2013年03月28日

現場より…

完成間近の現場に行ってきました。
この日は最終の仕上げの作業で多数の職人さんが仕事中でした。
 
 
 
『家工房』の家には天井がありません、
壁にはすき間がなく、土壁がそのまま家の中まで仕上がっています。

構造材がすべて見えていることで何か異常があればすぐに
お施主様の目にとまり発見しやすく、常に乾燥した状態を保てるため
『家工房』の家はこのような構造を標準にしています。

これがその部分、天井が無いので屋根組という構造材が丸見えです。

屋根組.jpg

住まう人にとっては素晴らしい構造ですが、職人さんには必ずしもそうでは
ありません、特に電気屋さん…、本来作業スペースになるべき場所がないのです。
通常、この天井裏に電気の配線を通すのですが、その部分が無いため
驚くような場所にすべての配線が施してあります。

これは居住空間からは見えない屋根組から見た梁の上です。

配線埋め込み.jpg

きれいに並べられた配線がびっしりと梁の上辺部を網目状に配列されています。

複数の配線を下から見上げても見えないように、わずか12cmの部分に
埋め込みながらすべての配線工事を行うのです。

配線あみめ.jpg

将来お施主様が屋根組のお掃除をしてくださる時、
この電気屋さんのひと手間を見ていただけたら嬉しいです!
 
 
 

『家工房』の家は土壁がそのまま家の壁になっている為、壁にもすき間がありません、
このすき間のない壁に配線をし、コンセントやスイッチなどを取り付けていくのです。

壁や天井裏に空間が無いのに配線がどこにも見えていない…、
実はこのことは職人さんの弛まぬ努力と責任感のなせる技なのです。




その電気屋さん ↓

開業以来『家工房』の電気配線作業は、すべてこの職人さん独りによって
整然と美しく、安全に行われています。

電気屋さん後ろ姿.jpg
  
 
 
 
 
この現場の工期も残すところあとわずかとなりました、
お施主様、長い間ありがとうございました、完成までのあとしばらく
よろしくお願いいたします。


ここでご紹介してまいりました、現場レポートや職人さんの紹介などは
新たに『株式会社 風』のトップページからご覧いただけるよう、
ただ今工事中です。
ページの完全移行が終わりましても、このページの記事はそのままご覧いただけ、
さらに新たな記事が新ページでご覧いただけるようになります。

【新しいブログの予告】  

  *半田市 I邸 建築日誌
  *知多市D邸 建築日誌
  *今日の職人さん ・・・など

どうぞお楽しみにーー!!
 

投稿者 家工房 : 18:29 | コメント (0)


 
 

2012年10月17日

建具の工事を行いました

かねてよりお付き合いくださっているお客様のご自宅の建具工事を行いました。

一部屋全部新しい建具へ交換です、
建具は家工房の建具いっさいをつくる建具職人さんが作成しました。

一本一本デザインをお施主様と打ち合わせをし詳細を決め、
詳細が決まると職人さんが建具をつくりにかかります、
一本一本が手作りで寸分の狂いもないたいへん素晴らしい建具です。

玄関から部屋に入るところ、一番めだつ建具です。

121014_163211.jpg

上の建具の格子です、この一本一本をきっちりと組み、裏表の無いよう
どちらからみても表に見えるようにしてあります。
真鍮製の釘の美しさと、整然とならんだ格子…、まさに日本の美だと思います。

たいへんな手間を経て作成される建具、その計り知れない匠の技は
使っていただくお客様にも長い時間をかけてきっと伝わってくれると思います。

121014_163317.jpg

手前は職人さんの道具…、
年季の入った道具がきっちりと整頓されています、
この道具で建具が敷居と鴨居に合うよう調整されていきます。

121014_171411.jpg

雪見障子です。
ここから見えるお庭が今までよりも素敵に見えるような気がしました、
庭を見るための建具です、こんな日本の情緒が後世に受け継がれていく、
大切にしたい文化だと思います。

121014_172413.jpg

玄関から入る千本格子の建具とその横のお部屋の入口の建具、
貴重な一枚板を配して一体感をだしました。
障子を使う事で相対する部屋も明るく使っていただけます。

121014_172532.jpg

千本格子の建具と和紙をはった襖、
襖の向こうは納戸ですが建具を変えたことで雰囲気が変わり
部屋が明るくなりました。

121014_172621.jpg

納戸の入口と押し入れの建具です。
一般的な板状の建具から和紙の襖に替えたことでやさしい風合いに
なりました、お施主様に選んでいただいた素敵な和紙です。

121014_172648.jpg

この建具の向こうにリビングダイニングがありますが、いつもは開放してあります、
リビングから見ても違和感が無いような雰囲気になりました、
板状の建具を障子にしたため、両方の部屋が開放的で明るくなりました。

121014_172752.jpg
 
 
 
『家工房』の建具は合板を使いません、既製品も使わず、
住まう人のニーズに合わせた、安全な、家と同じ長い寿命を持った
手造りの建具を提供しています。

職人さんが手間をかけ一本一本作成するため、既製品に比べれば
価格は高くなりますが、何十年でも、使い続けることのできる…、
使うほど、年月を重ねるほど風合の出てくる建具です。

毎日必ず手に触れるものです、安易な選択肢を選ぶ前に、
日本に伝わる建具職人の技をみて、触れてみてください。

『家工房』のモデルルームにも、家工房の自宅にも職人さんの作った
建具が使われています、ぜひ、ご見学ください。
 
 
 
お写真の掲載をご許可くださいましたお施主様、
本当にありがとうございました。

たいへん価値の高いお仕事をさせていただきました事、
職人ともども、心より御礼申し上げます。
 
 
 
最後になりましたが、建具屋さん…、
たいへんなお仕事、ありがとうございました。

おかげ様でお施主様からの高い評価をいただきました、
これからも日本の建具文化の継承に力を貸していただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

投稿者 家工房 : 17:52 | コメント (0)


 
 

2011年10月05日

姫路城大天守保存修理工事

私が生まれた年、昭和39年に完了した姫路城の『昭和の大修理』、
半世紀が過ぎた現在、2015年完成予定の保存修理工事が行われています。

何かの縁があるわけではないのですが、生まれた年に大規模な修復が、
さらに50歳の節目に保護する修復が行われるという偶然に親近感がわき、
御紹介をしたいと思い記事を書いています。

 
 
 
国宝でもある世界文化遺産の指定を受けている兵庫県の姫路城、
別名白鷺城とも呼ばれるこのお城は1346年、約660年前に築城されました。

国宝四城の一つで現代では時代劇などのロケに使われることもあります。
(『大奥』などはそうだと思いますが・・・)

現在、このお城の天守閣の大規模な修理が行われています、
漆喰壁の塗り直しや瓦の吹き直しを中心に痛みや汚れの修繕をするようです。
修繕に伴い、普段は見られないない構造体の内部が公開されました。
そこには私たちが目指す、【100年以上使い続ける事のできる家】の基本が
すべて凝縮され息づいていました。
 
  
 
内側の修復の為に取り外された壁の内部です。

姫路城土壁.jpg

660年の時を経て今現在もなおこまい状に組まれた木は腐っていません、
組まれた時のまま強度を保っています。
その当時使われた道具がその横に掲示されています。
 
 
 
屋根のかわらが外された土葺き部分です。

姫路城屋根.jpg

この土も骨組みも同じように当時のままでした。
100年どころか600年を超えても日本の建築物は健在である、
たいへん重要なしかも私にとっては大きな後ろ盾となる事実です。

 
 
 
今【家工房】が皆様にご提供させていただいている家は、規模こそ違えど
この建築方法や使う材料、建築そのものの考え方などを受け継いでいます。

皆様に100年住み続ける事が出来ると自信をもってお話しするのは、
このように数百年建ちつづける建築物がそのままの形で残されているからです。

 
 
現在、姫路城は外気や天気に左右されない工事ができるよう巨大な建物で
覆い尽くされています。
この建物の内部、地上7階8階部分からこの修繕の模様を見学出来るのです。

姫路城.jpg

 
 
 
公開は2011年の3月から2014年の春ごろまで、入場料がかかります。

めったに見られない築660年の建物の構造材、とても高い技術でこのような
建物を支える職人さん方の匠の技、なによりお城を見降ろす場所からの見学は
この機会にしかできない貴重な体験になると思います。

 
 
行楽の秋になりました、少し遠いですが足をのばしてみませんか?


投稿者 家工房 : 15:44 | コメント (0)


 
 

2008年07月25日

職人さん、暑い中ごくろうさまです!

ある日の現場、カメラをむけると逃げる職人さんをこっそり撮影しました…

   もちろん笑ってくれる職人さんもいますが…(^^)
             ↓

だいくさん.JPG

期待の若手の大工さん、いつも元気な現場のムードメーカーです。
『家工房の家』は昔ながらの技術を必要とする建築方法を採用している為
彼のような若い職人さんにとっては、毎日が努力の積み重ねだと思いますが
【業】の取得にむかって、日々頑張って、一生懸命仕事をしてくれています。

 
 
大工さん.JPG

ベテランの大工さん、寡黙な職人さんでカメラが嫌い…?みたいです。
でも仕事はすばらしい!!いつもその仕事ぶりに感心しています。
休む間もなくてきぱきと仕事をこなし、現場はいつもきれいに片付けられています。
現場は毎日着実に、彼の【業】によって完成へと進んでいます。

 
 
電気屋さん.JPG

電気屋さん、どの現場も難しい配線を一手に引き受けてくれています。
電気や通信などの配線を隠すことが難しい『家工房の家』は、電気屋さん
泣かせ…!?です。でも、プランをたてる事から照明の取り付けまで、彼しか
できない【業】でこなしてくれています。
 
 
 
『家工房の家』は、このほかにもたくさんの職人さんや関係業者さんの
【業】によって造られていきます。
今日のような暑い日も、冬の寒い日も、毎日その生業は続きます。

本当にご苦労様です、今日も一日ありがとうございました。

このページでは、隠し撮り(^^)ができたらそのつど、他の職人さんも
ご紹介してまいります。
皆様の大切な財産の造り手が、こんなにすばらしい方たちの集団だと
いうこと…、お伝えしていきたいと思います。


投稿者 家工房 : 12:43 | コメント (2)


 
 

2007年03月02日

たまたま見つけた靴屋さん

仕事の途中によったスーパーの中にあった靴屋さん。

そのお店の方なのですが……
(社長さんなのか店長さんなのか、またはそれ以外の方なのか定かでないんですが…)

何しろそのお店の方のお話に、ついつい時間を忘れ聞き入ってしまった…という
昨日の出来事。

そろそろくたびれたきた靴を買い換えようかと、
現場の帰りに寄ったスーパーの中にあった靴屋さんに入って
靴をみていました。

しばらく靴を見ていると、お店の方が、私の見ていた靴を指し
「ウオーキングシューズです…」
…とかなり控えめに声をかけてくれました。

それから約一時間半、『靴』について『売りたい!』の話でなく、
『知って!』の話をしてくださり、私はその話の面白さについつい
帰るのを忘れ聞き入ってしまっていたのです。

『靴』は大好きで、いいものも悪いものも知っていたつもりでしたが
本当のいいものは、「体を健康にしてくれるほどいい」、逆から言えば
「悪いものを選べば体に害も出かねない」、と認識させられた話でした。

私の持病の腰痛も、腰から下の疲労感も、頭痛も肩こりも、これはひょっとしたら
この人の話を聞いて、進めてくれた靴を履けば治るんじゃないのか??
…と思えるほど説得力のある話でした。

分野は違えど、この方に職人の心を見たような気がして、
すがすがしい気分で帰ってきました。

話の中身は、もう一度この方に会って、掲載の許可をいただいてから
お店の紹介とあわせてしていきたいと思います。

この方のお話の中に、現代社会において体を健康に保つための
靴の役割は、昔に比べ重要になってきている…という興味深い話が
ありました。

家も周りの環境も激変する現代、本当の意味で健康を保つことは
難しくなっているのかもしれませんが、こんな時代だからこそ
自分のやるべきことを見極めて、この方のように
少しでも多くの方の健康の維持のため
私も同じようにがんばらねば……、と思いました。

この日、子供の靴の選び方の大きな間違いも教えてくださり
このまま今の靴を履かせる事は良くないとわかり
早速、子供の靴を購入させてもらったのですが、
そのときに『怪我をしないおまじない』をその靴にしてくれました。

靴の裏のゴムの部分を軽く火であぶるのです。

このご好意にプロの心意気を見た気がしました。


投稿者 家工房 : 10:34 | コメント (2)


 
 

2007年01月18日

職人さん

先日メモリーさんのプログラマー……

     (こうお呼びするのが適格かどうかわかりませんが…
      もし違っていたら、こう呼べ!!とお知らせください)

の方が、家工房のホームページの更新のご指導に来てくださいました。

いつもお会いするたび関心するのですが『なんでこんなことできるの???』
ということを、ご飯を食べるより簡単そうにやってのけてしまうんですよね~~~。

もちろん日々の努力の賜物なのでしょうが、私にとっては到底まねのできない『業』。

本当に頭が下がります。

初歩的なお馬鹿な質問にも丁寧にお答えくださり、お馬鹿が後に一人でできるように
簡単な方法も教えていってくださいました。

ありがとうございました…、残業になっちゃいましたよね…、申し訳ありません(TT)

私の周りにはこんな『業』を持つ方々がたくさんいます、
これからこのカテゴリーで紹介していきたいと思います。

   …メモリーさんへ…この方の写真、掲載してOKでしたら
               譲ってくださいね(^^)


投稿者 家工房 : 19:22 | コメント (0)