2008年04月07日

H邸現場レポート第4回

いよいよ完成が間近になったH邸に外構の打ち合わせに行ってきました

建具や照明器具の取り付けが残っていますが、ほぼ完成です!
 
 

 
この日は雨戸が閉めてあり南側は暗いのですが、北に取り付けた
ガラス瓦から光が差し込み、室内は充分な明るさがありました。
 
hガラス瓦.JPG
 
 

明るい洗面室と接続する廊下です、つきあたりは浴室です、
天井のガラス瓦から光が差し込みます。

hせんめん.JPG

h廊下JPG.JPG
 
 

広々したキッチンです、ここからリビングと和室が見渡せて、吹き抜けを見上げると
子供たちの姿が見えます。

hキッチン.JPG
 
 

その吹き抜けです、二階が渡り廊下のようになっていて二階が丸ごと
子供たちの遊び場です。

h吹き抜け.JPG
 
 

緑色の瓦が印象的な外観です、これから木々を植え、アプローチを
つくり、いよいよご入居です。

h外観.JPG
 
 
 
Hさま、工事期間中はいろいろとご不便とご面倒をおかけいたしました、
完成引渡しまでのあとしばらくの間、ご不自由をおかけいたしますが
よろしくお願い申し上げます。


投稿者 家工房 : 14:56 | コメント (0)


 
 

2008年01月26日

H邸現場レポート第三回

外部の杉板を貼り始めました。

まだ足場がありよく見えませんが、杉板で土壁が見えなくなりました。

H邸南外観17.JPG

H邸玄関16.JPG
 
こちらは内部…、吹き抜けになっているので大屋根の裏側が見えています、
材料は全て化粧仕上げを施してあり、この屋根裏は大きな構造材と共に
リビングやキッチンから見上げることができます。

アメリカでは子供をのびのびと育てるために、また前向きな考えや、
前進する強さを身につけさせる為に、高い天井を造るといいます。

床からの高さはゆうに7メートルを超えた天井です。

H邸15.JPG

投稿者 家工房 : 18:59 | コメント (0)


 
 

2008年01月20日

H邸現場レポート第二回

昨年暮れから正月明けにかけて、H邸は壁・屋根の工事が終了し
現在は床組の工事と電気関係の工事に入っています。

暮れに撮った、土壁の芯になる部分、竹で編んだ【こまい】の写真です。
わらで編み上げているのがわかります、土の水分でぎゅっと締まり
壁をより強固なものにします。横に入っている柱同志を結ぶ【ぬき】という
材料も通常より太くし、耐震性能を良くしています。


PC060006.JPG

『家工房』の家にはほとんど採用されているガラス瓦です。
これは通常の瓦と形状を同じくしているもので、強化ガラスでできています。
一般的には暗くなりがちな北側の部分を明るくしてくれます。
夜この瓦からぼんやり浮かぶ明かりは帰宅した家族を暖かく迎えてくれます。

h瓦.JPG

投稿者 家工房 : 18:21 | コメント (0)


 
 

2007年11月20日

新しい現場です、今後ともよろしく御願いします

9月…H邸の地鎮祭です、良い天気の中、無事お清めされました。
 

地鎮祭.JPG


地盤調査・地盤改良の後、基礎工事…、少しずつ材料も現場に入りはじめました。
 

基礎.JPG


11月4日、建前です、この日も良い天気、暖かい一日でした。

職人さんみんなでお清めのお酒で一日が始まります、よろしく御願いします。


お清め.JPG


H邸を支える柱がたちました。


柱.JPG
 

屋根の骨組みができました。


屋根.JPG


棟梁です、屋根の垂木の土台を取り付けています。


棟梁.JPG


夕方…、H邸の構造材が全て組みあがりました、職人さん、お疲れ様です。


全景.JPG


お施主様による、棟上式です、おめでとうございます、おかげさまで、無事お仕事を
させていただきました、これから工事期間中、御世話になります。


棟上.JPG
 
 
H邸お施主様、上棟おめでとうございます、職人さんへの大変なお心遣い
ありがとうございました、代表して御礼申し上げます。

H様のこれからの暮らしの中で、家工房が末永くお役に立てますよう、職人一同、
心より願っております、よろしく御願い申し上げます。


投稿者 家工房 : 11:26 | コメント (0)