2013年05月12日

家工房ブログが新しくなります

これまで長い間このページをご覧いただきまして
本当にありがとうございました。

お施主様の温かい励ましや職人さんの日々のご協力をいただき
わずかづつではありましたが、家工房の建築現場からの様子を
皆様にお伝えできたかと思います。

このページの新しい記事はこれをもちまして終了させていただき、
新たに『木と土と風の家 家工房 ブログ』にて新しい内容をご紹介してまいります。

新しく公開させていただきますブログと一緒にこのページも
いつでもご覧いただくことが出来ますので、ぜひ、過去の家工房も
あわせてご覧ください。

これまでよりもパワーアップした家工房をご覧いただけますよう
職人さんたちの日々の活躍や、お施主様の力の入った家造りを
どんどんご紹介してまいります。

ご期待ください!

今後ともよろしくお願い申し上げます。


投稿者 家工房 : 14:04 | 皆様へ御連絡 | コメント (0)


 
 

2013年03月28日

現場より…

完成間近の現場に行ってきました。
この日は最終の仕上げの作業で多数の職人さんが仕事中でした。
 
 
 
『家工房』の家には天井がありません、
壁にはすき間がなく、土壁がそのまま家の中まで仕上がっています。

構造材がすべて見えていることで何か異常があればすぐに
お施主様の目にとまり発見しやすく、常に乾燥した状態を保てるため
『家工房』の家はこのような構造を標準にしています。

これがその部分、天井が無いので屋根組という構造材が丸見えです。

屋根組.jpg

住まう人にとっては素晴らしい構造ですが、職人さんには必ずしもそうでは
ありません、特に電気屋さん…、本来作業スペースになるべき場所がないのです。
通常、この天井裏に電気の配線を通すのですが、その部分が無いため
驚くような場所にすべての配線が施してあります。

これは居住空間からは見えない屋根組から見た梁の上です。

配線埋め込み.jpg

きれいに並べられた配線がびっしりと梁の上辺部を網目状に配列されています。

複数の配線を下から見上げても見えないように、わずか12cmの部分に
埋め込みながらすべての配線工事を行うのです。

配線あみめ.jpg

将来お施主様が屋根組のお掃除をしてくださる時、
この電気屋さんのひと手間を見ていただけたら嬉しいです!
 
 
 

『家工房』の家は土壁がそのまま家の壁になっている為、壁にもすき間がありません、
このすき間のない壁に配線をし、コンセントやスイッチなどを取り付けていくのです。

壁や天井裏に空間が無いのに配線がどこにも見えていない…、
実はこのことは職人さんの弛まぬ努力と責任感のなせる技なのです。




その電気屋さん ↓

開業以来『家工房』の電気配線作業は、すべてこの職人さん独りによって
整然と美しく、安全に行われています。

電気屋さん後ろ姿.jpg
  
 
 
 
 
この現場の工期も残すところあとわずかとなりました、
お施主様、長い間ありがとうございました、完成までのあとしばらく
よろしくお願いいたします。


ここでご紹介してまいりました、現場レポートや職人さんの紹介などは
新たに『株式会社 風』のトップページからご覧いただけるよう、
ただ今工事中です。
ページの完全移行が終わりましても、このページの記事はそのままご覧いただけ、
さらに新たな記事が新ページでご覧いただけるようになります。

【新しいブログの予告】  

  *半田市 I邸 建築日誌
  *知多市D邸 建築日誌
  *今日の職人さん ・・・など

どうぞお楽しみにーー!!
 

投稿者 家工房 : 18:29 | プロの業 | コメント (0)


 
 

2013年01月08日

新春餅つき会のご案内

1月13日 日曜日 の 『餅つき会』 についてのご案内です

開始時間  am11:00~pm2:00
        (お昼ごはんを兼ねてお餅つきをします)

参加費   大人   1500円(中学生以上)
       小学生  500円(以下のお子様は無料です)


ご参加に際して事前のお申し込みが必要です、
0569-72-1031(鹿嶌)宛て、ご一報ください。

当日は熱湯や重い杵等を使いたいへん危険です、
小さなお子様につきましてはお手を離されませんようお願い申し上げます。
小さなお子様でもお餅つきを楽しんでいただけますよう、
子供用の杵も準備してあります、汚れても良い服装でご参加ください。

皆様のご参加心よりお待ちいたしております。

投稿者 家工房 : 15:47 | ベント | コメント (0)


 
 

2012年10月17日

建具の工事を行いました

かねてよりお付き合いくださっているお客様のご自宅の建具工事を行いました。

一部屋全部新しい建具へ交換です、
建具は家工房の建具いっさいをつくる建具職人さんが作成しました。

一本一本デザインをお施主様と打ち合わせをし詳細を決め、
詳細が決まると職人さんが建具をつくりにかかります、
一本一本が手作りで寸分の狂いもないたいへん素晴らしい建具です。

玄関から部屋に入るところ、一番めだつ建具です。

121014_163211.jpg

上の建具の格子です、この一本一本をきっちりと組み、裏表の無いよう
どちらからみても表に見えるようにしてあります。
真鍮製の釘の美しさと、整然とならんだ格子…、まさに日本の美だと思います。

たいへんな手間を経て作成される建具、その計り知れない匠の技は
使っていただくお客様にも長い時間をかけてきっと伝わってくれると思います。

121014_163317.jpg

手前は職人さんの道具…、
年季の入った道具がきっちりと整頓されています、
この道具で建具が敷居と鴨居に合うよう調整されていきます。

121014_171411.jpg

雪見障子です。
ここから見えるお庭が今までよりも素敵に見えるような気がしました、
庭を見るための建具です、こんな日本の情緒が後世に受け継がれていく、
大切にしたい文化だと思います。

121014_172413.jpg

玄関から入る千本格子の建具とその横のお部屋の入口の建具、
貴重な一枚板を配して一体感をだしました。
障子を使う事で相対する部屋も明るく使っていただけます。

121014_172532.jpg

千本格子の建具と和紙をはった襖、
襖の向こうは納戸ですが建具を変えたことで雰囲気が変わり
部屋が明るくなりました。

121014_172621.jpg

納戸の入口と押し入れの建具です。
一般的な板状の建具から和紙の襖に替えたことでやさしい風合いに
なりました、お施主様に選んでいただいた素敵な和紙です。

121014_172648.jpg

この建具の向こうにリビングダイニングがありますが、いつもは開放してあります、
リビングから見ても違和感が無いような雰囲気になりました、
板状の建具を障子にしたため、両方の部屋が開放的で明るくなりました。

121014_172752.jpg
 
 
 
『家工房』の建具は合板を使いません、既製品も使わず、
住まう人のニーズに合わせた、安全な、家と同じ長い寿命を持った
手造りの建具を提供しています。

職人さんが手間をかけ一本一本作成するため、既製品に比べれば
価格は高くなりますが、何十年でも、使い続けることのできる…、
使うほど、年月を重ねるほど風合の出てくる建具です。

毎日必ず手に触れるものです、安易な選択肢を選ぶ前に、
日本に伝わる建具職人の技をみて、触れてみてください。

『家工房』のモデルルームにも、家工房の自宅にも職人さんの作った
建具が使われています、ぜひ、ご見学ください。
 
 
 
お写真の掲載をご許可くださいましたお施主様、
本当にありがとうございました。

たいへん価値の高いお仕事をさせていただきました事、
職人ともども、心より御礼申し上げます。
 
 
 
最後になりましたが、建具屋さん…、
たいへんなお仕事、ありがとうございました。

おかげ様でお施主様からの高い評価をいただきました、
これからも日本の建具文化の継承に力を貸していただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

投稿者 家工房 : 17:52 | プロの業 | コメント (0)


 
 

2012年02月19日

お餅つき会、ありがとうございました!

本日のお餅つき会にお越しいただいた皆様、
スタッフの皆さん、ありがとうございました。

今日も模様は『お餅つき会の模様』でご覧ください。

皆様のおかげで楽しい時間を過ごす事ができました、
また来年もよろしくお願いします。

投稿者 家工房 : 17:42 | ベント | コメント (0)


 
 

2012年02月17日

お餅つき会のご案内

2月19日 日曜日 の餅つき大会についてのご案内です

開始時間  am11:00~pm2:00
        (お昼ごはんを兼ねてお餅つきをします)

参加費   大人 1500円(中学生以上)
       小学生 500円(以下のお子様は無料です)


ご参加に際して事前のお申し込みが必要です、
0569-72-1031(鹿嶌)宛て、ご一報ください。

当日は熱湯や重い杵等を使いたいへん危険です、
小さなお子様につきましてはお手を離されませんようお願い申し上げます。
小さなお子様でもお餅つきを楽しんでいただけますよう、子供用の杵も
準備してあります、汚れても良い服装でご参加ください。

皆様のご参加心よりお待ちいたしております。

投稿者 家工房 : 13:29 | ベント | コメント (0)


 
 

2012年02月08日

新春 お餅つき会のご案内

2月19日 日曜日 


モデルルームにて…


新春 お餅つき会を行います。


ぜひ、ご参加ください
 
 
 

もちつき.jpg


もち米をふかして臼と杵でついてみんなで食べます。

昨今、お餅をついて食べるという習慣もだんだん風化し、
子供たちにとっては体験すらしたことがない…、
ということも当たり前におこっています。

みんなで協力しながら食べ物をこしらえみんなでいただく…、
こんな素晴らしい日本の習わしを次の世代へ伝えたいと思います。


詳しい時間や参加費用など、おってこのページでお伝えいたします、
お急ぎの方はお電話でお問い合わせください。

投稿者 家工房 : 14:17 | ニュース | コメント (0)


 
 

2012年02月02日

モデルルームの改装が終わりました

薪ストーブの置いてある、いつも打ち合わせに使っている場所、
湿気の影響で夏前になると床の桧がういて不安定になっていました。

そこで改装…。

床の桧をはがして施工をしなおします。
床をはがした状態、コンクリートの土間がみえています。

120124_133155.jpg

施工方法は桧と桧の間にかたまる土を入れ水をかけて固める、
という単純なものです。
桧を並べています。

120125_152208.jpg

並べた桧の間に土を入れています。
この上に水をかけ固めます。

だいたい30分で固まるので家のポーチや土間などにも使えます。

土は永土といって北陸地方で採取されるもので薄い赤茶色です。

120126_115722.jpg

すべて終わってもとの状態になりました。

120131_155606.jpg

新しくチェンソーをのせる棚などを作って少しリニューアルしました。

120131_155712.jpg

取り扱いが始まる『スチール』のチェンソーなどもそろいつつあります、
リニューアルしたモデルルームにぜひ遊びにお越しください!

投稿者 家工房 : 18:44 | ニュース | コメント (0)


 
 

2012年01月27日

家工房の庭に・・・

にわ.jpg

 
 
モデルルームの庭に巨大な常滑焼の風呂桶があったのは
ご存知でしょうか?

到底人の手では動かない、運んできたのも重機…、という
数百キロのお風呂です。

その風呂桶を左官屋さんと家工房のじいじ、助っ人の若者3人で
動かしてしまいました。
 
 
 
 
さて、これが現在どうなっているかというと…、
 
 
 
 
ぜひ、モデルルームでご確認ください。
 
 
 
 
 
モデルルームの庭には、手作りのブランコや鉄棒、季節ごとの花や虫が
皆様のご来店をお待ちいたしております。

つい2.3日前から黄梅が咲きだしました、
気温が少しでもあがりだすといい香りがあたり一面広がります、
ぜひ、遊びにお越しください。

投稿者 家工房 : 15:02 | ニュース | コメント (0)


 
 

2012年01月06日

良いお年をお迎えの事とお慶び申し上げます

24年新年あいさつ.jpg

 
 
 
寒い日が続きますがお元気に新しい年をお過ごしでしょうか?
昨年の3月、東日本大震災によって大きな被害をうけた地域は
未だ穏やかなお正月は迎えられていないのだと思うと
心から新しい年をお祝いすることができないでおります、年頭にあたり
被災地に一日も早く穏やかな日々が訪れますよう心より願っています。

株式会社 風 はこれからも自然に寄り添う心地良い生活を
御提案して参ります、今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿者 家工房 : 17:28 | その他 | コメント (0)